クアトロえびチーズ 着色料 危険性

クアトロえびチーズの着色料は危険性があるの?

クアトロえびチーズはマカロンのようなキレイでカラフルな色が特徴ですが、この色はどのような着色料でだしているのでしょうか?危険性のあるものは含まれているのでしょうか?

こちらでは、クアトロえびチーズ 着色料の危険性について調べてみました。

クアトロえびチーズの着色料

クアトロえびチーズのマカロンのようなカラフルな色は合成着色料なのでしょうか!?

クアトロえびチーズの着色料

  • 黄クチナシ色素
  • アナト―色素
  • ウコン色素
  • 青色一号

よく目にするような、しないような。。
内容がわからないので、一つずつ調べてみました!

黄クチナシ色素

天然のクチナシの果実から得られた黄色色素です。

 

黄クチナシ色素は、クチナシの果実から室温で水または含水エタノールによって抽出されたものです。
これを加水分解して得られたものも同じ黄クチナシ色素と呼ばれます。

 

水に溶けやすい性質をもつクロシンまたはクロセチンが主な成分です。

 

黄クチナシ色素の使用例

  • 和菓子
  • 冷菓(ゼリー、キャンディー)
  • 栗きんとん
  • お漬物
  • 麺類
  • 乳飲料

などの加工食品を黄色に着色するために幅広く利用されています。

 

おなじみの食品が想像できますね。つまり、人体に悪い影響はないようです。

 

黄クチナシ色素は安全な着色料でした。

アナト―色素

アナト―色素 は、ベニノキ(右の画像)の種子から抽出される色素です。

 

油脂や水またはアルカリ水溶液により抽出されます。
これは、水に溶けにくく油に溶けやすい性質をもつからです。

 

アナトー色素は、食品を黄色から橙色に着色するのに使用されています。

 

特に、タンパク質と反応すると赤く染まるという性質から

  • キムチ
  • 煮ダコやエビの着色
  • せんべいなどの焼菓子
  • 焼肉のタレ

などにも使用されています。

アナト―色素の使用例

  • ハム
  • ソーセージ
  • 水産加工品(エビ、カニの赤)
  • せんべいなどの焼菓子
  • 乳製品(チーズ、マーガリン)

 

アナトー色素が含まれている表記の例

  • アナトー色素
  • カロチノイド色素、カロテノイド色素
  • 着色料(カロチノイドまたはカロテノイド)

 

アナトー色素は、カロテノイド系の色素であるビキシンやノルビキシン主なが成分です。
ベニノキは、南アメリカやアフリカなどの亜熱帯地方にある低木で、その土地の人々は、昔からボディペインティングや化粧として使ってきました。

 

アナトー色素は、毒性は少なく、ほぼ安全性に問題はないとされています。

ウコン色素

ウコン色素とは、ウコンの根茎を原料とした、クルクミンを主な成分とする着色料のことです。

 

ウコン色素は鮮やかな黄色を持つため、天然の食用色素として用いられています。

クルクミン (curcumin) とは、ウコン(ターメリック)などに含まれる黄色のポリフェノール化合物です。スパイスや食品領域の着色剤として利用されます。

水に溶けにくい性質をもっていて、光や、紫外線、弱アルカリで分解され易い性質があります。
確かに、飲み会の前にコンビニで買うウコンのドリンクの容器が光を通さないような作りになっているし、よく振ってから飲みますよね!

ウコン色素の使用例

  • 漬物
  • 水産ねり製品
  • 栗のシロップ漬
  • 和菓子

 

ウコン色素が含まれている表記の例

  • ウコン色素
  • 着色料(クルクミン)
  • ターメリック色素
  • 着色料( ウコン)

クルクミンについての生理活性と医学的有用性は近年盛んに研究されているようです。
つまり、ウコン色素は安全な着色料といえます。

青色一号

青色一号は、ブリリアントブルーFCF (Brilliant Blue FCF、通称「青色1号」) のことで、食品などを青色に着色することのできる着色料です。

 

食用タール色素に分類される合成着色料です。

タール系とは?

タール系とは、昔の製法が名前の由来となっています。かつては、石炭を分解したときにつくられるコールタールの成分を原料にして作られていました。
今は、石油(原油)由来のナフサが原料となって化学合成により作れています。

青色一号の使用例

  • かき氷(ブルーハワイ)
  • アイス
  • 清涼飲料水
  • 漬物(ナスなど)

 

青色一号が含まれている表記の例

  • 青色1号

 

日本、EU(ベルギー、フランス、ドイツ、スウェーデン、オーストリアを除く)や米国を始め、多くの国で使用が認められている着色料です。
青色一号は安全な着色料といえるでしょう。

 

ただ、旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類していたように、発がん性リスクは確認されていないけど、取りすぎには注意が必要かもしれません。
普通に口にする程度なら問題ないと言えるでしょう。

【まとめ】クアトロえびチーズの着色料について

結論は、クアトロえびチーズの着色料に危険なものはありませんでした。

 

色がカラフルで心配でしたが、味にこだわる会社の志満秀(しまひで)らしく、なるべく天然由来の昔から使われていて安全な着色料を選んでましたね。

 

食べる人のことを思ってつくられるクアトロエビチーズには、リピーターが多いのも納得です。

 

知らなきゃ損!するってホント? WEB注文で初回限定送料無料

今WEBで注文すると送料が無料!!
送料無料でお得に頼んでみる?/

 

クアトロ えび チーズ 口コミ

page top